温故知新 〜凡人が賢人になるために〜

株式会社イードア代表 中村 裕のコンサルタントブログです。

ベトナムを商圏として見ると

昨日、数年前からベトナム駐在している、

知り合いの方が、一時帰国するとのことで、

ランチをご一緒させてもらった。

 

当時、ベトナムのイメージは、

オフショア開発、コールセンターなどの

アウトソーシングビジネスのイメージが強かった。

 

なので、

最近のベトナムはどうですか。と聞いてみた。

 

すると、

オフショアなどのアウトソーシングビジネスは勿論だが、

商圏としても凄い勢いで成長している。とのこと。

 

インスタントラーメンなどを展開する、

エースコック社(ベトナムではエースコックベトナム)は、

日本での売上をベトナムでの売上が上回ったらしい。

ベトナムにおいてシェア7割。

 

その他にも、

ホーチミン市や近郊エリアにECを展開する企業も、

年間300億円の売上を記録するなど、

商圏としても非常に魅力的になっている。

※このサービスは注文から2時間で配達されるらしい。。。

 

上記以外にもいろいろと成功例などはあるのだが、

長くなるので省略させてもらいます。

 

感想としては、

まだまだの商圏ではあるものの、

この成長を考えると、更に5年後や10年後は

どのようになっているか。と本気で考えなければいけない。

 

日本が戦後積み上げてきた努力、実績や生活の豊かさなどを

提供することで、世界にやはり日本は凄いと

言われるのではないかと、考えずにはいられない。