温故知新 〜凡人が賢人になるために〜

株式会社イードア代表 中村 裕のコンサルタントブログです。

ストック型とフロー型

この間、ご紹介いただき、

訪問したクラウドサービス事業会社の方とお話を

する中で、非常に興味を引くお話を聞けました。

 

同社では、採用する際に

・ストックタイプ

・フロータイプ

と、面接によって2通りに分けていらっしゃるとのこと。

 

ストックタイプとは、

言葉の通り、貯蔵、過去の経験を基に、

どの程度ご活躍出来るか、自社へ影響を与えていただけるかを

見ているようです。

 

フロータイプとは、

今までの経験値や実績はそこまでではないが、

これから吸収し、どの程度ご活躍出来るか、

自社へ影響を与えていただけるかを見ているようです。

 

同社では、

後者のタイプを好むようで、

移り変わりの早い業界のため、

過去の経験や実績、価値観にとらわれず、

新しいものを身に付け、組織と切磋琢磨し、

アウトプット出せるタイプが良いとのことでした。

 

ストックタイプの方、経験豊富な方は

過去の経験・知見を出し切ってしまった後が心配と

仰っており、そのような観点で見ていらっしゃることに

非常に良い衝撃を受けました。