温故知新 〜凡人が賢人になるために〜

株式会社イードア代表 中村 裕のコンサルタントブログです。

成長したいから成長出来る環境に。ということ

この間、某ITベンチャーの経営陣との打ち合わせ時に

話をしていたことを書こうと思います。

 

面接時によくある話として、

転職軸は何かを聞くと、

同世代に負けたくない。と思っていて、

そのためには「成長したい」と主張する方が多く、

「成長出来る環境へ行きたい」と仰られるケースがあります。

だから志望しました。と。

 

そのようなことについて話していたのですが、

大企業、ベンチャー関係なく、成長出来る環境には

同世代の成長したいと考える人が多く集まっていることが想定される中、

どのようにしてその方達より早く成長し、勝者となるのか。まで

イメージしている方は少ないのではないか。ということです。

 

そこには「勘違い」と「イメージの遮断」があるのかもしれません。

一概に成長出来る環境だから成長するのではないですし、

同世代に負けないためにどのようなプロセスを踏むのか、

そのような環境はどのような環境なのかをイメージしていないのかと思います。

 

これは持論ですが、

成長するためには現状の器の大きさは変わらないので、

現時点で器に入っているものを減らし、そこに成長するために

必要なことを足す、そうすることで器を大きく出来るのではないかと考えます。

 

ここまで考えて人生を歩んでいれば、

成長するために必要な「意識」を持つことは始められているかなと思います。